言語聴覚士とその勉強会とは

subpage01

言語聴覚士とは、言語や聴覚に障害があるなどの問題を抱えた人たちの検査や指導、訓練などを行う専門職です。
国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けることで資格が得られます。国家試験を受けるには指定された3年から4年制の大学や短大、養成所を卒業する必要があります。難易度の高い試験ではありますが、学校でしっかり知識や技能を身に付けていれは合格は可能な資格です。

近年、高齢化で言語機能のリハビリテーションを必要とする人は増えてきており、言語聴覚士の活躍現場も増えています。

言語聴覚士のための勉強会というものも全国各地で開催されています。この勉強会は言語聴覚士の人達の現場で役立つ知識や技能を教えてくれるものです。

様々な勉強会があり、ほとんどが土日に開催されており、受講時間は5時間から6時間くらいです。費用は10000円から20000円前後のものが多いです。

理学療法士の勉強会情報の豊富さで有名なサイトです。

先行割引などの割引があるものや、キャンセル料が発生するものもあります。
定員数に達すると参加できなあものもあるので、参加したいものが見つかった際は早めに申し込む必要があります。各都道府県の言語聴覚士会のホームページから開催日時など調べることができます。
また、勉強会がいつどこで開催されるかまとめてあるサイトなどもあるので便利です。

すごく便利なOKWaveの口コミ情報を掲載しています。

活躍の場が広がるとそれにともない求められることも増えます。



勉強会では、学校で学んだことの復習ではなく現場で生かすことのできる知識や技術を身につけることもできます。